ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

カテゴリ:レースレポート( 81 )

暖かい土曜日058.gif
前にも書いたとおり職場が大変お世話になっているきもやすさんがNGK杯インターカップST600に出るとの事で、本当は出勤だったのだが休暇をもらいやすいのもありサーキットへ。
もちろん俺は友人として参加したんだけど、職場的にはまぁいろいろな思いがあるだろう(笑)

今回は土曜にスポーツ走行→予選→決勝と言う詰め込まれたかのような大変忙しいスケジュール。
どれだけ早く確実に作業をこなせるかも重要に。

まずスポーツ走行はきもやすさんの友人のM脇S護君と一緒にファイナル変更等の作業をしてきもやすさんコースイン。
世界レベルのライダーとお手伝いってのも俺から見たら不思議な光景だった。

きもやすさん27秒台で走ります。
うん、やっぱ速い!
帰ってくるなり『まだまだ余力があり余裕』とかなり嬉しい言葉。
これはこっちも力が入ります006.gif

すぐにタイヤ交換、ブレーキパッド、……
キャリパーメンテナンスもしたかったがすぐに予選です。

予選ではせっかくのおいしいタイミング時に前走車に引っ掛かってしまったが、1分26秒646の好タイムで5位。

そしてまたタイヤ交換。
今度は時間もありメンテナンス等も最低限何とかできた。
フロントホイールは軽々と回り気分もいい。
ライダーにプラス要素ができるのは乗り手の立場に立つとほんとに嬉しいんだよね。

決勝
a0062288_12222519.jpg

a0062288_12224530.jpg

いつもの事だが、俺が緊張する(笑)
自分のレースでは緊張しないのに不思議だね。
スタートがかなり決まる!
オープニングラップは3位で帰ってきた!
あかん、また緊張してきた~(笑)
後方からスタートをミスったポールのT選手にやられた!
そしてこれまたきもやすさんの友人モリワキのN谷君も来た!
手に汗握る!
最終的には総合4位でフィニッシュ。
インターカップでは3位と表彰台を獲得しました。

いいレースでした。
きもやすさんの速さももちろん、今回はマシンも綺麗に仕上がり、天気も良く、モチベーションもプラスされ楽しくレースができたようでホッとしました。
大した事も出来なかったけど俺も楽しかった♪006.gif
そして安全に終われた事が何よりです051.gif
a0062288_12215733.jpg

今回カウル塗装を全て任され、俺がゼッケンスペースをデザインしてみました!
a0062288_1891033.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2008-11-30 10:52 | レースレポート
さて楽しみにしていたファンラン。
タイミング悪く仕事が休み無く夜も遅くずっと忙しかったため今回は事前練習無し、マシンの準備は最低限、身体や心の準備は出来ないままのチャレンジとなりました。
しかも西コースは自分もFZRも大の苦手です(笑)

土曜日特別スポーツ走行
やはりタイムはヤバい。腕は力入らなくなるし最悪状態。
けどメチャ楽しい♪
数分休憩しようとピットイン。師匠ひでちゃんがいた。
うなだれる俺に『ペース合わせて引っ張るから来な』と嬉しい言葉。
『無理しちゃダメだよ』と大将(笑)

そしてインラップの次の周にいとも簡単に1秒短縮『あれ?』もうちょい速いペースで引っ張ってもらえばよかったか?(笑)

この日は結局39秒台に少し入った程度…
これはマズい…
これではファンラン仲間に簡単に置いていかれる。
訪問してくれる人皆にアドバイスをもらい少しはヒントが見つかったが不安要素はたくさんだ~。
今回新品に換えたマスターシリンダーはフィーリングはいい感じだが走行後はかなり握り代が多くなってしまいしつこくブレーキフルードを入れ替える。
明日に備え新品タイヤを装着。
寝る時はイメージトレーニング、と言いながらすぐ寝てしまう(笑)

レース当日(予選、決勝)
朝からエスポイントにたくさんの応援団が来ました。

今回参加資格の制限があり参加者が少なく貸切状態でしかもほとんどが顔見知りでいつも楽しくお世話になってる方々ばかりです。
予選ではほとんど絡む事も無く集中できました。
前日の師匠や友人多数からのアドバイスの一部は上手くいき何とかタイムを詰めるものの6番手グリッド。前回優勝賞典外のDA_Tさんを除けば5位ですが何せタイム差が大きい…
ポールのひでちゃんとは実に4秒以上の差。

決勝
皆来てくれて、グリッドへの押し出しの際に俺のマシンとひでちゃんのマシン一台に付き4~5人くらい居るんだけど誰が押すの?とか笑いながら和む(笑)
a0062288_22214550.jpg

フォトbyNoLimitマサさん

自分の前のポジションの二人に130Rもしくはショートカットでインにねじ込みたい。
その後は抜かれても何とか食らい付くしかない。と自分なりに組み立てる。
が、やはり甘かった(笑)

スタート、あ、失敗…
が何とかポジションキープ!!???
?あれ?並ばれる、抜かれる。(スタート動画はmixiにアップしました)
やっぱ加速メチャ速いな皆…
130R進入手前では遅れてきたひこ君に抜かれる。
130R立ち上がりではポジションダウン。
いざショートカットへ、進入で前車をかわそうとイン側へ振るか…って女性ライダーYちゃんにブレーキングで抜かれた!!!
オーバースピード?(汗)
ん?膨らみアクセル開けれずだが何とか立ち上がった。すげー!

すぐにデグ1~ほぼ全てで抜きに掛かるが速い!
気持ち的になのか突っ込み過ぎな感じでよけいに抜きにくいし実際マジ速い。
って言うかこの走りの感じを抜くには接触しそうな強引さが必要だ…
インに入れば彼女はコースアウト?アウトに振れば接触?と結局考え過ぎて優しくなってしまい(笑)そのまま2周目に。
もう前が離れてしまった~
安全な場所で何とか安全に抜く(笑)
相手が可愛い女の子だから強引にいかなかったんだろ!って突っ込みは要りません、だってその通りだから(笑)
恥ずかしい事に実は前日の特スポで偉そうに彼女を引っ張ってあげたりアドバイスもしてた俺(笑)
凄い上達スピード(汗)

抜いてからは何とか視界にある二人を追うが詰まらない離れない。
しかし一人挟んで前を走るK君は自分よりベストで2秒近く速いはずだけど離れないのはタイムが安定してないからだと少しの望みを賭け最後まで諦めず全力で追う。
しかしそのままチェッカー。
結果は予選通りのポジション。
まぁそのまま普通に追ってても同じだったろうけど(笑)
タイムはまた更新したが自己ベストには1秒以上届かず。

師匠ひでちゃんはひこ君とのバトルを制して見事優勝。
後で話す人話す人が凄い面白いレースだったと。
俺も観たかった!?(笑)

今回の走り。
a0062288_22311236.jpg

↑フォトbyRSW1のキングCBRさん(200Rシケイン)
↓以下フォトbymochy
a0062288_22343574.jpg

↑あ!?比べちゃった?良い例悪い例のようでしょう(笑)
↓今さらだが凄い師匠(見てた皆が口をそろえて8耐見てるみたいだったと言っていた)
a0062288_22352058.jpg

ヘアピン立ち上がり伏せ方も徹底している。
極端なはずのマシンハンデを細かい事全てで埋めてしまうパーフェクトライダー。
a0062288_2241325.jpg

a0062288_22412475.jpg

時々少しだけ出来たみたい(笑)↓
a0062288_22421580.jpg

a0062288_22575962.jpg

しかし思ったけど西コースのレースは面白いね!
天気のせいもあるかもしれないけどあの雰囲気はいい!
アンケートには是非次回もと書きました。

今回もたくさんの方々のお手伝い、応援、声援、訪問、お声掛け、メール、アドバイス等ありがとうございました。
結果はイマイチでしたが本人は満足しちゃったりしてましてごめんなさい。
今の自分の中ではこれがベストを尽くしたレースでした。
仕事も落ち着いたし練習します!

mochy、CBRさん、マサさん写真ありがとう!
[PR]
by kunchi-yan | 2008-10-21 22:22 | レースレポート
仕事が何とか休めたこないだの日曜はひろさんとT村君のレースを観戦?に。
どうせコケるからとカウルを本番用にしないひろさんと(原因不明のマシントラブルも抱えてた)ウェットレースでテンション上がらないT君。
確かに、やっぱ雨は晴れよりは格段につまんないよね。
a0062288_2261524.jpg

a0062288_226347.jpg

けど二人共に真剣に走り見てるほうもかなり楽しめたよ♪
しかしひろさんのスタートは…
6位グリッドからほぼ最下位。
課題になりそうです。
しかしそこはさすがのひろさん、落ち着いた走りで挽回。

次は魅せてよひろさん!

そしてT君はテンション上がらずで終わったウェストチャレンジカップとインターカップ混走のST600ではこないだきもやすさんの全日本参戦時に一緒にメカをさせていただいた若き二人がワンツー。
おめでとう!
フレンドリーな拓はこないだ遊んで友達になった二人と記念撮影(笑)
a0062288_2253968.jpg

この二人、レースに対する情熱ハンパじゃないです。
応援してます。

参加の皆様お疲れ様でした。
[PR]
by kunchi-yan | 2008-10-09 22:07 | レースレポート
申し訳ないですが書ききらないので自分の動きメインで書きます。

今回友人T村君の4耐をY中君とお手伝いに行ってきました。
T村君が誘われのは全日本で活躍の伊藤レーシングさん所属の国内ライダーN君。
伊藤社長は往年の500ccの有名ライダーで知ってる方も多いでしょう。
当初飲んだくれて観戦予定だったがY君曰く人手も要るとの事で参加。

金曜の仕事後サーキット入りしてNパドックにて給油等ピットワークの練習。
ここで俺は給油マンという大きな役目をもらいました(汗)
が、やはり上手くいかない…
今まで皆にやってもらってたり偉そうに指示してたりした事を思い出しました。
ほんとごめん、そしてありがとう。
装備やポジション等最終確認をするT村君。この気持ちが大切なんだろうなぁ。
a0062288_22553934.jpg

終了後は解散も、Y君と二人でオーナーライダーの所有物であるR6を整備。
やらないよりは良いと言う事で特にブレーキ回りをバラして整備。
気付けばもう深夜。
時間的に深夜営業のびっくりドンキー(実は大好物だったり)にてやっと晩飯を食いY君の実家(サーキットから近い)に厄介になる。
就寝のこの時既に3時。

朝5時起床。寝れてない…(笑)
ありがたい事にお母様の手作りおにぎりをもらい出発。
何時に起きて作ってくれたんだろ…
すいません。
海辺の気持ちいい朝焼けを見ながらサーキットへ。
a0062288_22561095.jpg

で、朝から暑い!
これは過酷なレースになりそうだなと思いながら準備と移動です。
もうヘトヘトになってるけどいいかな?
a0062288_22573288.jpg

今回二人の健闘により6番手グリッドです。
前の方は気持ちが良い。
a0062288_22582019.jpg

a0062288_2373275.jpg

a0062288_2375958.jpg

BSさんもキャンギャルさんを連れてきてくれて華やか。
a0062288_2259220.jpg

全日本GP125で活躍の中3のセナ君もお手伝い。

スタート後序盤はかなり良いポジションでトップグループに喰らいつく。
これは給油マンとしても荷が重い(笑)
で、給油本番。
気温等の違いか練習時と入り方が全く違ったが何とか上手くいきました。
a0062288_231539.jpg

a0062288_2314037.jpg

途中T君が帰ってこない時が、心配するものの2分40秒ほどでメインストレートに帰ってきました。
a0062288_2311248.jpg

転倒は無かったようで一同ホッとする、が、次のライダー交替時に見るとマシンにちょっとダメージが!
次のピットイン時に直す事で送り出す。
聞くと逆バンクで他車と接触、コースアウトしたものの何とかコントロールし、立て直したとの事。
さすがやるね!

で次のピットワークではなんとさっきまでちゃんと開いたタンクキャップが開かないというトラブル。
20リッター入ったクイックチャージャーを持つ俺はだんだんプルプルしてくる、お…重い(笑)
ドライバーを換え何とか開いたもののここでかなりのロスをした。これがのちのち順位にも響いたがまぁこれもレース。
a0062288_2322228.jpg

a0062288_2324939.jpg

面白かったのが、サーキットの人や色んな人が『4輪の速いレーサーが2輪のレースっておもしろいね』と来る。
T村君は元フォーミュラでプロ、F1に行った人等と対等に渡り合ってた実はかなり凄い有名な人。
フルネームで検索すると驚く。
エンジンも自分でフルOHする等メカや走りに対するこだわりも並ではない。
男前な男である。
a0062288_23115554.jpg

そして終盤も淡々と確実にラップをこなし5位をキープ。
前との差も後との差も少ない。
最終ラップにちょっと力を抜いてしまったか?後からやられて6位でチェッカー。
終わってみれば6位入賞と、ST600Rクラス3位という快挙。
表彰台では8耐イベントにやってきていた我らがヒーローフレディスペンサーから賞品の授与。
これは嬉しいね!
a0062288_2384541.jpg

a0062288_239522.jpg

a0062288_23143428.jpg

↑撮ってる俺↓(笑)
a0062288_2329834.jpg

オーナーであり第一ライダーのN田君はもう歩く気力も無いくらいで今回のレースの過酷さを物語っていた。
実際熱中症で倒れたライダーも例年に無く多かったと後で聞きました。
そんな過酷な中走ったライダー達皆素晴らしいです。

その後8耐トップ10トライアルを観戦するものの日なたしかなく意識がもうろうと…
自分の身体の為に観るの途中でヤメました…
帰りは伊藤社長にありがたく美味しい焼肉屋に連れて行ってもらうものの俺はほとんど食えず。
今回給油だけでもこのヘバりよう。
もっと鍛えなくては。

今回はライダーのファイト、そしてスタッフのパーフェクトな動き、さらに他チームに交えてもらった事もあり勉強になりそして素晴らしいレースを体験できました。
本当にありがとうございました。

そして参加の皆様お疲れ様。
感動しました。
[PR]
by kunchi-yan | 2008-07-28 23:04 | レースレポート
a0062288_23261894.jpg

a0062288_2327061.jpg

今回は土曜が予選決勝なので金曜の特別スポーツ走行からのスタート。

時間も無く今回走行距離大のエンジンは目をつぶったんだけどそれが思いっきり裏目に出ました。
とにかく走らない、シフトポイントはかなり奥になり、ストレートエンドでは6速でかなり吹けるはずのファイナルも今回5速のままで良いくらい。
もちろん3コーナーまでにスピードも乗せる事が出来ずこれはマズいとキャブをいじくり倒す。
しかしほとんど変わらず…
一番いけないのはマシンの調子で自分のリズムが大幅に狂うという対応力の無さにあるんだけど…
a0062288_23312441.jpg

こうして特別スポーツ走行を終え明日への作戦、
ファイナルをショートにする事と今回こだわったエアクリーナーエレメントを取り外す事に。
所謂帳尻合わせってだけだが仕方ない。

決勝当日
今回タイムアタック競技にもエントリーしているためそのフリー走行で様子を見てキャブセットを確認する事に。
昨日変えたジェットで特に問題は無いようだが相変わらずエンジンは遅い…
もうセット変えてる時じゃないしね。
そして相変わらず俺は対応出来ず。
新品タイヤの皮むき程度で走行を終えるが、今回はかなり厳しそうだ。
思えばもう既にモチベーションもこの時急降下していた気がするなぁ。

次はRSW2の予選。
a0062288_23282763.jpg

速めに並ぼうとするがもう既に後の方。
a0062288_23544216.jpg

何周目かにクリアラップもあったがやはりタイムは最悪。
もう心のどこかに甘えがあったとも思う。
もう走る意味は無いと早々に切り上げタイムアタックの方の本番に備える。
予選は8位。

タイムアタック本番
雨が降ってきたがまだ大丈夫そうだ。
そして前の方に並べる事ができた。
前はレコードホルダーY君と師匠ひでちゃん。
これは少しでも引っ張ってもらおうとワクワクしてきた♪やっとやる気もわいてきたようだ♪
が、しかし!悪い事?は続くもので、2周目に一台だけいた前を走るライダーをインから抜こうと完全に並んだが接触しかけてブレーキを掛けコーナーでフロントがギャギャ!とロック。で無理やり曲げてリアがスライド。
ヤバかった。
やっと無理やり上がってきたテンションもここでもろくも崩れ去る。
いつもなら楽に抜けるであろう2秒前半ほどのタイムのまま抜くこともせず終了。
結果は10位と久し振りに2桁順位を獲得(汗)

RSW2決勝
a0062288_2328586.jpg

しっかり暖機してくれるちゃた君。
雨、グリッドでの路面はかなり中途半端な濡れ方。
a0062288_23301835.jpg

a0062288_23393668.jpg

これはかなり危なそうだね。
しかしこのさいだから得意な完全なウエットになってくれないかとも思う(笑)

またまた悪い事にスタートは大失敗。
a0062288_23332040.jpg

怒涛の集団を前にオープニングラップで少しは順位回復。
ストレートでスリップを使いまた一台刺すが少しラインに無理があるか!?
しかしこのままではトップ集団に離されてしまう!と、次の1コーナーへ前を走るK君を少し上回るスピードで進入、が恐れていた事態、大きくタイヤが滑った!
『転倒だ…』と思ったが何とか立て直った。
しかし既にコースアウトしかない位置に。
かなりのスピードでグラベルに入りダートでもがく。
『もうコケれない!うまく止まってくれ』とリアブレーキを駆使しながらなんとか止まれたもののもちろん最下位。
a0062288_23551683.jpg

ちょっとイライラしてしまいながら『あ~もういいっ!今回は運が向かなかった。もう戻ろう』とゆっくりコースイン、トボトボとゆっくり走るが、よく考えたら、完走しておかないと後々色々面倒な事もあるのでキャブセットなど考えながら超ゆっくり周回を重ねる。
おそらくトップがくればレース展開も見れておもしろい(笑)
来た!
トップはI君だ、直後に師匠も抜いていく。
二人ともにかなり攻めている。
離されてもいいけどちょっとくらい見たいのと面白いのでちょとペースを上げるが、あれ?もうゴール。

こうして雨のレース優勝100%だったのが、雨のレースは優勝か周回遅れしか無いと言う変な記録を打ち立てた(笑)

確かにマシンは走らなかったが、
それを意識し過ぎ心が落ち込んでいた自分。
それをカバーできる技術を持っていない自分。
ろくに寝ずにバイク整備して食欲まで落ちていた自分。

張り切りすぎていた自分はそのギャップ?が原因で自身のマインドコントロールが出来なかった事にあります。
手伝ってくれたちゃた君とエスポイントの皆さん、応援してくれた皆さん。
申し訳ありませんでした。
いい勉強をしました。

夜は大将のいつもの超柔らかくて超ウマい牛肉をホットプレートで大量に焼き食いきれないほど食いビールをこれでもかと飲み皆で楽しく盛り上がりました。
これはまた別で書こうかな。

懲りずにまたまた挑戦します。
そして懲りずによろしくお願いします。
[PR]
by kunchi-yan | 2008-06-29 23:33 | レースレポート
朝起きたら身体はかなり回復。天気も快晴!
一気にテンションアップ。
イベントレースだとは言え真面目に真剣に狙っていきたい。
もちろん楽しむ事も忘れてはいないけどね。

朝から大将、ちゃた君、もっちー、ひろさんが駆け付けてくれる。ありがとう!
皆がFZRをいろいろと準備を進めてくれる中イメージトレーニング。
a0062288_21191356.jpg

予定通り予選は前のほうに並べる。
3~4周目にアタック想定。
皆皮剥き済みの新品タイヤで俺は新品のままだが気にしない。
けっこう変わらないと思うんだがなぁ。
a0062288_21194613.jpg

a0062288_2120620.jpg

予選スタート
皮剥きしながら友人731君の後ろだったが二周目にパス、前がクリアに。
ここで決める事にしてアタックに入る。
1コーナー~2コーナーはスピードを乗せいいラインに乗せ2コーナークリップは理想の位置に。
立ち上がりでスライドもFZRはうまく立ち上がってくれた。
昨日はレブまで回らなかった3コーナー手前も今日は2コーナー立ち上がってすぐレブを打つ。

最高のスピード!
昨日考えたラインに乗せ失速しないようアクセルは全開固定のまま3コーナー進入。
切り返して反対に寝かせたすぐにいつもより大きくスライド。
が、滑りが止まらない、バンクをさらに深くし上体も入れたがハンドルが逆に切れドリフト状態、さらに足先が地面に持って行かれひねった。
4コーナー外側ゼブラは目の前。
『このまま離さなかったら骨折は免れない』と諦め泣く泣くFZRを離す。
なるだけ丸まり受け身、なかなか止まらない。何回転しただろう。

止まってFZRに目をやると…『あぁ、くちゃくちゃだ、かわいそうな事をした…』
オフィシャルの方がすぐに撤去してくれたので俺は黄旗で迷惑にならないようすぐにバリアの外へ。
目が回ったのかクラクラする。全身が痛いが骨折は無いようだ。
しかし大切にしてきた大好きな我がFZRを遠目で見ると、心が一番痛い…
『何とかダメージ少なく決勝を走れると良いが』『いやせめて直る範囲であってほしい』『皆心配してるだろうな』
予選の皆の走りを見ながらいろいろ考える。
おそらく自己ベストをかなり上回ったであろうが結果にならなかったのは自分の負け。
放送で『92番●●選手は速いライダーなんですが残念です』と聞こえるが今は嬉しくなかったり…
皮剥き時の最初だけはトップ(笑)
a0062288_21213013.jpg

レッカーで戻ると総出で迎えてくれて俺の怪我が無い事を確認すると皆で速攻でバラして水洗いチェックしてくれた。
何とか決勝を走りたい俺の気持ちは伝わっていた!
ウルウルだ。
a0062288_21204398.jpg

しかし、キャブボックス内の砂や石を見て断念。

こうして今回のレースは終わりました。

そして内緒だが今回の転倒の原因ははっきりしてるし大きなヒントを見つけました。
次回かなり自信あるんで絡んでくれる皆さんよろしくです!

一番言いたい事、こんなバカな俺に付き合ってくれる当日サポートしていただいた大将ちゃた君もっちーひろさんありがとうございました。
アドバイスや協力くれるひでちゃん師匠いつもありがとう。
応援してくれる皆さんありがとう。
かわいい赤ちゃん連れで訪問してくれたまさきもみじ&隼君、にっぴー夫妻&イブ君、ありがとう。
現地で声掛けて頂いた多数の皆様ありがとう。
心配の電話やメールくれた多数の皆様ありがとう!
皆に支えられてると改めて感じた。

最後に、レースする為にバイクを選んでなくて大好きなバイクでレースしたいスタンスな俺はFZRを綺麗にして復活します!
皆様あきれずに(笑)よろしくお願いします!

身体中痛いし最近かなりバタバタしていたのでしばらくゆっくりします。
a0062288_21222067.jpg

と言いながら昨日はBS走行会でちゃたCBR試走したが…(^^ゞ
[PR]
by kunchi-yan | 2008-04-09 21:26 | レースレポート
さて待ちに待ったファンラン。
しかし土曜日朝体調がおかしくて鏡を見ると『扁桃腺がまたメチャ腫れてる…』
サーキット到着もそのままダウン。荷物も下ろせずバイクも下ろせず。
しかしちゃた君とひろさんのサポートで速攻設営!
ありがとう!

しかし身体がとても走れる状態じゃなく午前の特別スポーツ走行はヤメ。
抗生物質等を飲み車で横になる。
皆が言う『元気ないね』『顔色悪いね』と。
うん、マジキツかったんだよ…

しかし仕上げたマシンチェックもしたいので午後の特別スポーツ走行は何とかコースイン。
タラタラと1秒ちょいくらいで走り、途中MAKOTO先輩に抜かれた『お~やっぱりMHR&MAKOTO先輩カッチョいいぜ!』と思った瞬間MHRのマフラーが外れた!
落ちはしなかったのでよかったですね。
ちょい笑ってしまいました。

マシンチェック終了。
問題無し!どころかかなり調子がいい!
『これは体調を早く治さなくては』とこの日は自宅で早々に就寝。
[PR]
by kunchi-yan | 2008-04-09 21:15 | レースレポート
a0062288_21411467.jpg

準備にも時間をかけ、サンデーロードレースの始まりです。
大幅変更を施したが仕事なので金曜日に師匠にFZRを預け大将とともに特にセットが変わったであろうキャブのセッティングをしてもらう。
心配だったがわりと簡単に仕上がったようだ。
いつもありがとうございます。
心地よいプレッシャーの中夜には軽く秘密ミーティング068.gif

土曜日はかなり寒く、時折雪が舞いウエットとドライ交互に繰り返すようなコンディション。
皆とああででもないこうでもないとFZRのキャブの同調やら各部の調整。
FZRはさらにいい感じに066.gif

午後の特スポはスピードに目を馴らしたかったのとやはり自分でFZRを確かめたくて濡れていたがコースイン。
しかし!メチャクチャ風が強い!
風と言うよりは台風や突風のようで1コーナーでは勝手にバイクが立ちあわやコースアウトという場面も…(汗)
混走している軽量なGP125はとてもじゃないが走れていない。いつもと逆でコーナーで抜きまくる049.gif
FZRのアクセルレスポンスやいじった部分がいい感じなのと路面も徐々に乾いてきて3秒前半で周回。
楽しい!(笑)
『ちょっとだけ走ります』と出ていったがなかなか帰ってこないので大将が『こんな遅い時間に何かあったらいかん』とPマークをサインボードで出してくれたらしいのだが完全に見てなかった…(笑)
大将すいません。
その後さらに寒くなり雪が横殴りに…
タイヤ新品をセット、点検等済ます。

その後は4駆なちゃた君のトランポで行動。温泉へ。
軽くのぼせて夜はなんちゃってさんの家に招待されていたので向かうが凄い雪だ。
前が見えない!
この俺にしてビール買ってくのも忘れたくらいだ(笑)
着いてから買いに行ったが(笑)
美味しいもつ鍋を師匠、ちゃた君、MAKOTO先輩と頂き、楽しいひと時を過ごし就寝。
なんちゃってさんありがとうございました。

そして早朝。
やはり外は銀世界…
a0062288_2143481.jpg

こりゃ中止だな。
電話でのひろさん情報ジムカーナさん情報でやはり中止と知る。
撤収に向かおうとするもちゃた君とチェーン巻きに苦戦。
寒さと雪で手が痛い。
サーキットまでもかなりの積雪で所々でスタックや事故を目撃。
a0062288_21523936.jpg

a0062288_21441140.jpg

到着後はゆっくり積み込み撤収。
a0062288_21521054.jpg

雪合戦で楽しみ、ちゃた君ひろさんと共にコメダ珈琲に行きモーニングセットとシロノワール。
a0062288_21404472.jpg

甘いもの苦手だしシロノワール初めて食ったがこれは美味いね!
よく喋り次は温泉。
またよく喋り脱衣所で貧血を起こす(笑)

今回準備に時間をかけたので複雑な思い、そして友人T村君は600で55秒台で走っており優勝圏内だったのと、タイムの出ていたひろさんとの直接対決がまたお預けになり残念事オンパレードだが、皆次回に繋がりそうです。
当日夜に行われた大将の快気祝い(ありがとうございました)の席では熱い話が飛び交い今後が楽しみです。内容はシークレットですが。
今回皆いいバネになったのではないでしょうか。

お手伝い応援参加の皆様ありがとうございました。
次回はエスポイント皆でブチかましたいですね。
レースが好きですやっぱり。
[PR]
by kunchi-yan | 2008-02-25 21:44 | レースレポート
金曜に師匠とひろさんとのスポーツ走行からの合宿。
二泊三日の師匠部屋(道場)暮らし(笑)
これでもかと走る予定が金曜は燃料系トラブルで大半の時間が修理に追われ終了。
トラブルは解決したものの土曜は早朝から雨音が激しく…
新品タイヤの皮剥きのみの10分強の走行で終えこの日も収穫らしきものは無し。

日曜予選
早朝の大雨も止みましたが完全ウェットコンディションでの予選。
これはポールを狙わなければ!
ドライタイヤでの走行は経験上最終ラップが最もタイヤグリップ力が高く、狙いながら走ってたけど、終盤に前に居たNSRから何やら蒸気?みたいな煙幕が…
気をつけてたものの1コーナーでズルッ!と…
ペースが上げれず最終アタックはそのNSR君を抜いた時で終了。
後で聞いたところウォーターポンプの水漏れでクーラントをまいていたとの事(ファンランはクーラントOK)
危ない。
で予選は14秒台で3番手。
国際さんにポールを奪われ2番手には僅差で同姓の友人。
かろうじてフロントローを獲得できた。

決勝
今回はよく覚えてないくらい苦労した。
だから間違ってたらごめんね。

スタートは少し抜かれただけでまずまず。
けど、1コーナーで狙ったラインが2コーナーで前も横も塞がれ、そのスピードは極端に遅く一つシフトダウンしたほど…
当然そこで何台か行かれて3コーナーまでの加速でまた何台かさようなら、待って~!
オープニングラップは7位(S木さん談)で帰ってきたがもうトップは遥か彼方
これはマズい(大汗)
とっさに皆の顔が脳裏に、特に師匠のあきれた笑い顔(笑)
抜くしかない(当たり前か)

ロケットスタートの温和な優しい同姓ライバルが優しいがあまり?に前車を強引に刺せず戸惑った瞬間にパス。
そして一台また一台と抜くがモタついたところ国際Hさんに抜かれた!
その後メチャ速TZRを駆るナイスガイY君にも刺される。
さすが二人とも見逃さないな…

しかし俺も最終コーナーで国際Hさんを刺し返す。
ストレートは遅いらしいと聞いていたしとにかく気にせず走る!
そして最初に抜かれた方達も2コーナー大外、逆バンクインから、5コーナーインから刺す。
とにかく抜くしかないし…
a0062288_22564615.jpg

a0062288_0344764.jpg

前をよく見るが10周レースではどうやらあと一台しか抜けない位置にいるようだ。
よく見るとU4で速いN本さん(実は最初の混乱で抜かれた)
さすが百戦錬磨のN本さん、調子は悪いようだがなかなか抜けないぜ、
そうこうしてるうちにバックマーカーが。
バックマーカーを前にして2コーナー進入でN本さんイン側へ、俺アウト側へ。
「もらいました!」
大外から2台ほどパス。

でそのまま逃げ切り3位。

これ程に追い上げのレースは初めてだったので燃えた。
クリアラップなんて無くタイムは良くないが我ながらナイスファイトと言いたい!?(笑)
けどやっぱり負けたのは悔しいな。

来年はもちろんリベンジです。
まだまだ発展途上な俺ですから。

皆さん協力応援ありがとうございました。
なのに期待に応える事が出来ずごめんなさい。
a0062288_2258102.jpg

a0062288_035834.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2007-11-12 22:12 | レースレポート
a0062288_128320.jpg

a0062288_1264367.jpg
たけちゃんが俺のFZRでファンランのナンバー付き車のタイムアタックにチャレンジ。
ゼッケンは写真の通り1を左に貼りました~

今回はチャレンジャークラスと言うのに出ましたが、これは初心者クラスです。
「このクラスに出ちゃあかんよ~」と前夜呑んだ皆から言われてましたね。
俺もそう思う。

前日
特別スポーツ走行では予想を遥かに上回る2秒台を出す。
仕事中連絡があり正直驚きました。

当日
雨です…
午前はタイムアタックに備えてのフリー走行。
けっこう雨が降ってる中ここで20秒くらいは出さないとあかんとハッパをかける。
が…
結果は26秒。
いろいろ説教?アドバイス?しながらまったりと時を過ごし、いざ本番。

降りは午前よりかなりマシになり、タイムは縮めてくるだろうと思ってましたが、なんと一周目から21秒にいれてきた!
おぉ~!っとピットで盛り上がりながら観戦。
徐々にタイムを削ってくるたけちゃん。
最終的には16秒台に。
「もういいよ、もういいから無事帰ってきて」(笑)

結果としてはブッチギリタイムで堂々優勝!
このクラスとは言え初めてのバイク、借り物のバイクにしては凄い結果です!
おめでとう!
初表彰台が真ん中なんて嬉しいよね♪

これで我がFZRは雨でのレース(今回はレースでは無いが)で4連勝。
無敗です。
これって凄いのかな??
けど一番言えるのは自分で造った我がFZRがドライでもウェットでもオーナーじゃない人が乗って速く走れた事は嬉しいものです。
a0062288_1273824.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2007-10-01 01:26 | レースレポート