ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

カテゴリ:レースレポート( 81 )

a0062288_2231580.jpg

レポートが随分遅いけど、
参加しましたネオスタンダードVTRクラス。

当初はオールオート君と組む段取りをしていたが、現在ST600でトップを競り合う彼、
彼の鈴鹿4時間耐久に向け、そちらへ専念しようという事で、今回は我が師匠ひでちゃんと組む。

しかし会社員ライダーの二人、タイミングも無く練習もテストもままならず、前回のマシンの問題点は一切解消されないままのぶっつけ。

しかも俺って…
バイク自体跨るのも一年近くしていない(笑)
バイク乗る事できるの俺???
またこんな調子になってしまった。

いや、過去にたくさん頑張ってきたからできるでしょう(勘違いは大事)
って事で実戦です。

前もってちょこちょこマシンを触ったものの、事前の特別スポーツ走行ではやはり症状は改善されておらず。

しかし久しぶりの割にはVTR+ラジアルタイヤでの初乗りくらいは走れているので良し…
いや、あの時どんだけサボってんの俺???だね。

しかしおそらく8耐ウィークよりもこんなアホみたいに暑い中、走っても全然疲れない。
そこそこ体調も良いし、普段現場で汗をかき働いているのも良い方向へ向いているんだね。

イベントレースならではの合間合間の仲間との楽しい時間を過ごしつつ、予選!

また仕様、セットを変えたものの、やはり改善されず。

前回優勝者と二位は今回予選ポジション、スターティンググリッド降格という変則ルール。

まぁ、この際あんまり気にせず、決勝へ挑む。

しかし決勝直前に少々雨が。
ここでスタートライダーを急遽俺に任される!
もうバタバタです(笑)

いやいや、サイティングから帰りグリッドへ着いた途端、心の準備と言うか、スタートってどうやってやんの???
あ、ウォーミングアップから帰ったらここの位置分かるかな、
あ、シグナルってどれくらいで消えるんだっけ。

みたいな…

みんなごめんなさい(笑)

で、スタート。
やはり大失敗。

後ろからもメチャクチャ刺される、抜かれるぅ〜
しかも1コーナー行き場無し!

これはヤバイ…

路面は一応ウェット?ハーフウェット?
しかし周りのペースが遅いのはわかっていてもなかなか抜けない!
しかも抜いてもストレートで抜き返されるし…

しかし一応徐々にポジションを上げる。
確か抜かれたのは二台だけ。
とか引き算(笑)

10周走り抜いたら自身の判断でピットインライダー交代、って作戦だったので、大将が出してくれている10の文字が見えた時点で自由走行。
これがあかんかった(笑)

ペースがもう上げることができない俺に強制ピットインサインが出たようだが、コーナーで抜き、ストレートで抜き返してくるニンジャに熱くなりサイン無視の俺。

これが優勝を逃した最大の原因に。

二周後にライダー交代、師匠ひでちゃんがチャージするものの10秒ほど?及ばず二位でチェッカー。

ごめんなさい…

冷静が自分の走りの特徴だったのに、久しぶり過ぎて熱くなってしまった。
反省。

イベントレースとは言え、皆が支えてくれているのに、惜しいところを逃したのは本当に申し訳ない気持ちで少々ヘコみましたが、まぁそこは懐の広い仲間たち。
と、逃げておきます(笑)

ほんとすいませんでした(汗)

応援に来ていただいた方々、またメール等で応援いただいた方々。
こんなヘボライダーにありがとうございました!

次の機会は!

と、こんな悔しい思いが次へのモチベーションに繋がるのです。
レベルやフィールドが違えど皆もそうだよね。

まだまだ楽しくおっさん走り続けるぜ〜!!!
角グッチ君写真ありがとう!
a0062288_223169.jpg

a0062288_2231728.jpg

a0062288_2231884.jpg

a0062288_2231965.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2013-07-23 21:19 | レースレポート
簡潔に書くけど。

今日は元ライバル?(笑)のK藤君が凄かった。
タイヤをMに変え、まだ慣れない中、予選タイム的にはなかなかだったものの更に上回る上位陣。

しかし決勝は予選でのマシンの問題点を改善し、大きく上回る走りを見せトップに!

しかも自身ベストの17秒台ファステストラップ。
これは優勝だぞ!

心の中で『頼む、転ぶなよ』と。

しかし、いきなりのスローダウン。

エンジンぶっ壊れた…

自分が少々手を加えつつ載せ換えたエンジンだけに、悔しかった〜

祈る言葉『頼む、壊れないで』にしとけばよかった?

まぁ事故無く良かった、って事で。

興奮しました。
良いレースをありがとうK藤君!
[PR]
by kunchi-yan | 2013-06-09 22:50 | レースレポート
レポートが随分遅くなったがネオスタ参戦記。

工場のほぼ全てを切り盛りするようになり、休みも無く仕事三昧の日々。
おかげで?バイクに乗る機会も無く、サーキットなどほとんど走っておらず、実戦にいたっては約一年半以上振り。

しかし落ち着いてライディングすれば自己ベスト付近は出せるであろう自信はありました。

で、大好物の雨057.gifの予選(笑)

俺が先に走り、俺は我が師匠ひでちゃんに無事に託す為にかなりおさえて走る。

ツーリングせずにいつもの雨のようにタコ踊りしながら走ればあと2秒くらいは縮めれたかな。

実際ちょっといくとタコ踊りしたしバイクに乗るって感覚が戻ってないから大人しく(笑)

そしてマシンを明け渡す為に早めの三分の一ほどでピットインする。

しかし057.gif057.gif突然滝雨に・・・

師匠タイム更新はならず009.gif

しまった、降りが弱いうちにタコ踊りしまくれば良かった(笑)

決勝は雨も止み、雨の予選で普段とは違うぐちゃぐちゃの順位。
波乱が予感されました。

面白い♪

が、師匠、スタート失敗(笑)

自ら波乱を起こしてしまった~(笑)

自分に渡された時点でVTR4位。

何とか表彰台に乗るぞと意気込む。

しか~し、雨予選もぶっつけだったが、ライダー交代のアウトラップからいきなりドライ路面久しぶりの全開のぶっつけ。

あれ、サーキットなんか走れた?俺?みたいな、違和感ありあり(笑)

ラインもぐちゃぐちゃだがとにかくスピードを殺さないよう追う。

しかしVTR三位を走ってるはずのライダーさんがなかなか見えてこない。

何だか乗りにくい007.gif
アクセルワークでのマシンの動きが何となくだけど。

しかも俺めちゃくちゃな走り方なんで一度リアが大きくブレーク。
あかん、焦らないよう落ち着いていくと、
見えてきた。

余裕を持ち前に出れそうなので、危険を伴う場所では抜かないように安全なところで抜きました。
いや、抜けました。

で、もう三位狙いでした(笑)

無事走りきり今回はミニモトと併催だった為8耐等と同じあの高い表彰台へ♪

高所恐怖症の俺には実際高かった~(笑)

しかし良い記念になりました。

ネオスタ参戦にあたり俺たちのコンセプトである(ネオスタ以外もそうか、笑)いろんな道具の条件が不利であろうともライダーが何とかする事を学び楽しむ♪

それをゆっくり少しづつエスポイントの皆と楽しむ。

これからもそんなスタンスで、無理の無い出来る範囲のベストを尽くし楽しみ倒します。
a0062288_22302248.jpg

a0062288_22303655.jpg

a0062288_2233522.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2012-09-19 22:30 | レースレポート
仕事後夜な夜なK林R6を触ってなんとかやりたい事は終え、オール君に引渡し、迎えた耐久ウィーク。
テーマは熱対策と、ライダーが安心して乗れるように。です。
メカを国際的メカニックY中とやりたかったのだが、今回はしぞー君にT村が頼まれたのもありY中は赤いチームへ。
こちら監督はひでちゃん。スーパーライディングテクはもちろん頭の良さと素早い的確な判断、カリスマ性でも適任。
a0062288_18474018.jpg

さて金曜。
朝からブレーキメンテやいろいろ施す。
ここはメインメカとしてサクッとやっておきたいとこです。

◆フリー走行。
ここではチェックとピットインアウトの練習もしておき、問題点を確認しておき今夜のピットワーク練習に生かす。
a0062288_18481744.jpg

無難にこなした後またメンテ等して予選に備える。

◆予選
a0062288_18485120.jpg

今回K林が病気にかかっており無理しているため、サンデーの時のような鮮やかな走りは期待できないのは解っていたが、
予想以上に体がキツそう…
本人はやせ我慢しているが、おそらく熱もあるようだ。
これはリタイアも有りうるかもしれんと覚悟だけはしておいた。
そこでオール君の予選で挽回したいところだが、調子がイマイチのようだ。
予選は50台中総合26位。

空いた時間はメンテだけではなく、当日の雨も想定し、ちゃた君とひろさんと俺とホイール交換の練習もする。
俺、スピードも確実さも自信有り。
おそらくここにいる4耐エントラントの中で一番を取れると思う(自画自賛、笑)
毎日ネジ回して27年だからそれが当たり前じゃないとあかんのだけど(笑)
a0062288_18491691.jpg


◆夜のピットワーク練習
これまでに伊藤レーシングさんチームで2回給油係りをしているが、今回はそういった全日本チームスタッフに囲まれ的な緊張感も無く気持ちは楽勝です。
しかしナメてはいけない給油。
2年前の展開(上手くいったが)を考えるとその遅れは致命傷になるパターンもある。
ちなみに『ピットワークが数秒遅れを取ったらライダーがその分詰めて来い』とタンカをきったのは、必ず上手くやる心意気があったからだよ(笑)
a0062288_18493875.jpg

a0062288_18495897.jpg

こうして練習していると、普段レースやバイク関係無い部分でも付き合っている良き親友達だからか息の合う感をひしひしと感じました。
はっきり言って楽しい♪
仲間と真剣な遊びをしている感覚です。

ライダーは先に返し、こちらのやるべき事を終え赤いチームに付き合う。
赤いチームでのT村、VIP待遇です(笑)

結局宿泊をお願いしていたY中家に着いたのは1時頃。
寝不足確定!(笑)

◆決勝当日
まずは荷物運び!
8耐併催のため4耐はピット割り当て無く駐車場テントピット。
決勝時は主催者からの指定ピットを間借りするのですが、ここへの荷物運びが一番人手がいります。
しかしそんな大変さを吹き飛ばすようなメッセージが貼り付けられていました。
a0062288_18504879.jpg

8耐は#60応援決定です(笑)
K林の体調は変わらずキツそうだが、一応楽しそうな顔してたし、初耐久を楽しめたかな?
a0062288_18513679.jpg

a0062288_18531153.jpg

スタートで出遅れたものの、徐々に順位を上げてくる。
今回ST600Rというクラスだが、中盤~後半にかけクラスでは3位に。
表彰台がかかります。

ピットワークは全て確実に上手くできたと思う。
表彰台掛かると最後のピットワークは緊張したけどね。
a0062288_18524390.jpg

体調悪いのに頑張るK林。
最後までペースを落とさないタフなオールオート君。

そして無事完走!!!
総合24位、クラス3位で表彰台確定!
耐久だけはゴール時プラットホームに誰が行っても暗黙の了解が有り、最後はチェッカーを受けるオール君に皆で乗り出して手を振りまくる。
感動感激の瞬間だね。
暑い中マシンいじりしたり、体調悪いのにK林頑張ったり。
いろんな思いがこみ上げ感動します。
最高の仲間でした。
a0062288_18521976.jpg

みんなみんなお疲れ様でした。
そして良い思い出をありがとう!

いつだったかは俺を一応ライバルと思っていてくれたK林君。
今では俺が教えてもらわなきゃあかんくらい成長しました。
世代交代かな(笑)

そして、そんな意味でも来年はまた面白くなりそうですよ(謎)
[PR]
by kunchi-yan | 2011-08-16 18:53 | レースレポート
ずっとバタバタな仕事も調整できて特別スポーツ走行のある土曜日朝から入る事ができた。
今回の相方は俺とずっとライバルとして戦ってきたST600選手権ライダーでもあるオールオート君です。

◆特スポ一回目、
古タイヤですがちょろっと走った一週前の走行とは全く違うセット。
予想通りやはり不安感は無い。
と言うかネガティブな部分が全く感じられないのは限界近くまできっちり攻めれてないからだろう(笑)
確認、試行錯誤、しながら走り自己ベストの4秒台前半は普通に出せるのも確認。
3秒台に入れたいところだが、まぁ数字は狙わず台数多い中安全に走行で(笑)
俺って本番効果とかあんまり無くて練習も本番もいつも出せるタイム、って感じなんだよね…
練習から本番まで緊張も全く無いし。
良いのか悪いのか…

◆特スポ二回目
まぁ同じような内容でそつなく楽しく走行。
前回の練習でリズムをつかめなかったオールオート君も一回走行毎にタイムアップ♪
期待感、ワクワク度が高まる。
最後にタイヤ入れ替えや整備をし一旦サーキットを後に。

◆日曜日
スケジュールでは朝ゆっくりで良いが、師匠ひでちゃんのRSW2のスケジュールが早いので朝一番に入る。
賞典外参加だが、レコードタイムを出すであろうと楽しみに。
しかしRSW2予選と自分らのブリーフィングタイムが完全に被ってる事に気づきガックリ(笑)

が、やはり予想通り期待通り57秒という変態なタイムでレコードを出してくれた。
チューンしたZXRや2ストなんかでPタイヤとか乗ったらとんでもないレコードタイム出すんだろう。
元々すげーが更に進化?
やっぱすげーライダーだと再認識。

◆さて自分らの予選。
今回エントリーがまた多く、盛り上がってるこっちも良い結果を残したい。
30分間の予選をまずは俺から。
新品タイヤなのでいつもの慎重さでいくが、3コーナーでニュルリッ!
車重が軽いからFZRでは経験してない域での現象だ。
さらに慎重さが増す(笑)
けど計測最初のトップタイムは俺だったらしい…
何故か一周目二周目速く走るのは得意ではあるらしい俺(笑)

が、いつもの如く他の方々がペースアップし落ちていく展開(笑)

今回この予選は力が入り過ぎて悪いライディングに。目標タイム3秒台にはあと少しで入らず。
気持ちばかり先に行ったからなぁ(反省)

ほぼ半分を走りオールオート君に交代。
彼は着実にタイムアップ。
決勝は落ち着いていけば大丈夫そうだ。

◆昼休憩を経て
師匠のRSW2はブッチギリ過ぎでモニターのも映らず…(笑)
しかし2位争い(正確には優勝争い)は熱かった。
引退かも?しれないくっちー頑張ったね♪

そしてネオスタ決勝に向け作戦。
タイムが出ている俺がスタートライダーってのがセオリーなのかもしれんが、
スタートアクションが得意で尚且つ前に居るライダーを追いかけるのが得意なオールオート君を急遽スタートライダーに。
俺が後半を良いペースでタレないよう走る事に。
薄暗いのと雨がパラついてきたので忘れずにクリアシールドに交換。
思い切り降れば優勝できる自信アリアリだったんだけど(笑)

◆決勝スタート
オープニングラップはやはりいい感じだ。
が…その後どうもリズムがつかめないようでジリジリと順位を下げていく。
吉と出ずに凶と出たようだ。

ここは仕方なく?早めにPインサイン。
俺が余分に走り追い上げる作戦に変更。
もう雨も止んでいる。

ライダー交代後は抜きまくる。
バックマーカーの方もだが、自分よりペースが遅いライダーが多く抜くにもそんなに苦労は無い。
で、おそらく同一周回であろうニンジャ君に追いつくが、ストレートが速い!
これはコーナーでいくしかないとプッシュしまくりの並びかけしまくるが、どうにも抜きにくい。
スリップ使いを狙い最終コーナーでくっつくものの、そのスリップからも離される始末。
ここらはやはりコーナーで刺せない自分の技術の無さを痛感する。

結局このライダーの方を抜くのに苦労しながら抜けずにチェッカー。
総合7位まで挽回しましたがここまで。
あと10周欲しかった(笑)

しかし意外と体力も全然問題無かったし、自己ベストとなる目標タイムも更新。
かなり身になるレースでした。

しかし緊張感が全く無い俺。
これが向上に繋がらない一因でもあるのか???
考えるところです。

ちなみに今回体重が2キロ増えた(人生最大体重)状態でのレースでしたが、重さで気になる部分は一切ありませんでした(笑)

今回も数々のサポート、お手伝い、応援と皆様本当にありがとうございました。
ちょっとショボい結果になってしまいましたが。残り2戦は両方優勝を飾る予定なのでお許し下さい(笑)
a0062288_20584680.jpg

まさき写真ありがとう!
[PR]
by kunchi-yan | 2011-03-09 20:48 | レースレポート
ブログに載せていいですか?と一応了解をもらいつつピットをあちこちウロウロと(笑)
このクラスに興味あるかたはマシンも気になるよね。
実際ネオスタネタになるともの凄いアクセス数が増えます、ネオスタだけかい(笑)

☆suzukaR&Dさん
鈴鹿ネオスタではパーツ開発の第一人者であり、盛り上げの立役者でもある。
今回知り合ってフレンドリーにいろいろ教えていただいたりご好意を頂きました。
しかしカッコいい!好み(笑) 
a0062288_18485685.jpg


☆エスポイントのTさんの知り合いのインナンオヤジーズさん。綺麗な塗装です。
a0062288_18492549.jpg

このマフラーが装着率ナンバー1ですね。
a0062288_18494671.jpg


☆一緒に飲み会で飲んだりもするnoriさんとこのマシン。ライダーも速いが縦も速いです。
今回体調悪いと聞いてましたが、そんな事感じさせない走りでめでたく腹黒1号に認定しました(笑)
noriさんの相方は女性ライダーで上手いです。
a0062288_1850874.jpg


☆シーズン早くからマシンを超カッコ良く速く仕上げてきたT岡さんとこのVTR。
T岡さんの相方さんも女性ライダーで過激です。
前回練習で転倒大破したもののきっちり直してきました。
チョイ萌え系で遊んだと言うカラーリングも決まってます。
a0062288_18502669.jpg


☆こちらは盗撮です(笑)なんだか話かけにくかった…すいません。
この言わずと知れた鶴田選手のお店からは何台も参加しており皆でワイワイ楽しそうです。
a0062288_18512639.jpg


☆関東からの刺客。普段はモテギのネオスタで戦っているそうです。
かなり凝った綺麗なカラーリングで関東チームらしいこだわりです。
レース後のパークフェルメでは『鈴鹿は凄く面白かったのでまた来シーズン必ず参戦する』と嬉しそうに言って下さいました。
a0062288_18521168.jpg


☆こちらも関東からの刺客。
カッコいいカラーリングだね!
a0062288_18523410.jpg


☆サーキットや呑みでもお世話になっているエイトストローク#39さんや#38さんのチームのニンジャ。
15歳のライダーも、このマシンももっともっと速くなりそうです。
負けられない!
a0062288_1853063.jpg


☆今年のU4オープンチャンピオンS氏(IA)がライディングしていたVTR。
外装をガンマの物に。
名付けてRGVTRとの事です。Tの文字がガンマっぽくしてある(笑)
a0062288_18532621.jpg


☆suzukaR&Dさん#94車
一番ウケたのは彼。
今回『写真撮らせて』と言うと決まって皆人間が避けて被写体がマシンと言う認識をするようだが、
『撮らせて』と俺が言ったら彼は『はい!』と言いながら関係無い位置からマシンに駆け寄りカメラにこっちにポーズを取る(笑)
可愛い(笑)
まだ14歳で速いライダーの彼、この先楽しみだね♪
a0062288_1854431.jpg


☆そしてウチのマシン。
いろんな方々のサポートやご好意を頂いたオーラを放ってます。
来期は進化し雰囲気変わる予定♪
ちなみに縦は遅かった(笑)
a0062288_18534947.jpg


☆グリーンさんとこの撮ってなかったのでグリーンさんの走り画像で。
(写真頂きました)
a0062288_20592791.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2010-11-17 18:54 | レースレポート
またまた朝早くにY中君を迎えに行きつつサーキット入り。
眠いものの体調は抜群なんだな。

まだ辺りは暗い、到着すると早朝からシーンとしたピット。
その中Y中君がいつもの秘密のメンテナンスを施してくれる。
そして速くないウチのVTRのフリクション低減対策(笑)
で、二人のライダーの体重も重い(笑)

俺は自分の中で決めてる走る前の時間を計算した朝食。
こういった事もきちんと詰めたいよね。

続々と仲間が応援手伝いに集まってくれて差し入れでテーブルが満タンに(笑)
来て声掛けてくれるだけでも嬉しい事なのに。
皆本当にありがとうね!!!
a0062288_21102961.jpg

by走る牛乳屋さん↓
a0062288_21104992.jpg

by趣味のプリン作りなNさんいつもの(ラベルも面白い手作り)
これ以上のプリンには出会った事がない!↓
a0062288_2113107.jpg

そして予選。
2戦してきた上でグリッド位置は大変重要な事は判っている。
ここはまたバカ速くキチガイじみたスピードの師匠に託す(笑)
俺のショボい練習になるだけの走行よりこっちのほうが必ずプラスになるのは一目瞭然。

で、リアタイヤのサイズ変更が裏目に出たか、なかなか思ったとおりのタイムが出ないようだ。
まぁ凄い台数で引っかかってたのもあるけど。
ピットインしてきてちょっとセット変更。
a0062288_21133120.jpg

再びコースへ。
a0062288_21192316.jpg

伸び悩むがどこかで来るだろうと見ていたら案の定いきなりトップに!
ここは当然やってくれるだろうと考えていたので驚かないが、プレッシャーは倍増(笑)

その後俺に代わり練習走行(笑)もほんの数周しか走れず大丈夫か俺状態は続く(笑)

帰ってくると、どうやらその後モトキッズK君と関東有名チームS選手にやられたようで…
俺走んないほうが良かったか???(笑)

更にたくさんのゲストに囲まれる。
可愛い小さな子たちも仲間入り。
皆の期待や笑顔を感じ幸せを感じる時です。

決勝
スタ前チェックからのウェイティングでは久しぶりのRIKIちゃんに会う。
相変わらずコワモテだ(笑)

ひでちゃんスタートは上手くいかずに大きくポジションを下げるが、これがまた盛り上がる一因に。
Y兼君とのバトルやチャンピオンが掛かっているのでなのか、ずっと我がチームが映っていて観戦も楽しい…
じゃなくって俺走るんだっけ(笑)
楽しむ為に皆で始めたネオスタだったけど、せっかくのこの状況はシリーズチャンピオンを獲りたい!!!
気持ちが高ぶる!
今回俺の周回数はひでちゃんに任せたのでずっと装備した状態で待つ。
プラットホームから入るよ!!!の声が。

そしてライダー交代。
もちろん練習済み、打ち合わせ済み、そして何より普段からの良き付き合いの親友達一同。
上手くいかないわけがない♪
って事でメチャ速なライダー交代でコースへ。
ひでちゃんインラップも俺のアウトラップも少しもロスしてなかったはず!
a0062288_21195475.jpg

もう順位も何もわからないけどとにかく自分の出来る事は全て駆使して走る。
しかし全ての周回で前に引っかかり、自分のベストは狙えない。
しかしそれでいいんですこのレースは。
周回を重ね途中から前に数台が。
ブルーフラッグがずっと振られる。
後ろを見るが誰も居ない。
解らんがとにかく気にせず冷静に冷静に。
a0062288_21182268.jpg

と言いながら前車をスリップから抜こうと集中してた時がチェッカーだったようで…(笑)

1~2コーナー内側にはたくさんの人たちが。
そこに仲間が絶対居る!と手を思いっきり振るが順位が解らない。
帰ると車輌保管対象。
皆がパークフェルメに来て教えてもらってやっとチャンピオンを獲れたと知る!!!

皆と力を合わせ、心を一つにして戦ってきた勲章。素直に嬉しい!!!

総合2位。
VTR1位。
そして今年から始まった鈴鹿ネオスタンダード、3戦を戦い初代シリーズチャンピオン決定!

どのクラス、カテゴリーも大幅減少傾向のロードレース界において唯一増加傾向のネオスタ。
ここでの勝利は大変意味があったと考えてます。

そしてエスポイントのVTRは決して速くはないが、1から10までライダー4人と仲間皆とできちんとやってきて得た勝利。
良き仲間が集まっているからこそ得た勝利。
これらもこのクラスの特色を表現できているのではないでしょうか。

実際他チームの皆さんも仲良く楽しんでらっしゃる方ばかりでした。
皆さんのマシンもまた紹介します。
来年はまた増える事と思われます。
このまま本当のスタンダード、入門、としてこのクラスだけでなくレース界自体活性化されるといいですね。

◆2010年、クラブエスポイント&オールオート斬波、戦歴
第1戦
総合優勝、VTRクラス優勝(ひでちゃん、オールオート君)
第2戦
総合3位、VTRクラス優勝(俺、ちゃた君)
今回第3戦
総合2位、VTRクラス優勝(俺、ひでちゃん)

◆協賛
KDCサービス
アウターリミット
オールオート
ガレージエスポイント
バトルファクトリー
ビーファクトリー
松本建築塗装
レイテック
ワコーズ   
(あいうえお順)

そして仲間の皆様、応援いただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]
by kunchi-yan | 2010-11-16 19:47 | レースレポート
前日は特別スポーツ走行が二回。
今回ネオスタのスケジュールが早めなので朝が早く眠いが、レースが楽しみなのもあるのか集中力も体調も抜群だ。

003STタイヤを試すという事でタイヤホイール交換や、ステップ回りの整備等をし一回目の走行。
と思ったら走行前に急に冷たい雨が。057.gif
タイヤも試せない、温存する、って事で走行直前なのでツナギを着たまま二人で急遽ユーズド090に交換。
ツナギでは作業がやりにくい(笑)

そうなったら、というのも既に想定済み(普段から常に交流、仲良しだとこんな想定や話は当たり前に出来ている037.gif笑)

すぐに打ち合わせてウエット路面を走りながらもピットでのライダー交代の練習やピットロードの走り方や、イン、アウトラップの練習を数回こなす。
細かいところもこのチャンスに詰めておきます(これで本番でやはり良い結果が付いてきました)

仕事を終えさせたちゃた君も合流した午後は晴れて、003STを履きひでちゃんが確認とセットの為に走り、俺はいつでも走れるよう装備して見ているがタイムが出ない。
ここも細かく打ち合わせ&息が合っているが、あまりよろしくないようだ。

師匠が模索するものの使うのはヤメ、って事で俺が慣熟のためにコースへ。
しかし時間も無く3周ほどで終了。

その後タイヤ入れ換えや各部清掃や整備をする。

さぁ、全然走ってないが明日大丈夫か俺?(笑)008.gif
と言いながら全然不安感は無くむしろワクワク感で夜も思いついた事を打ち合わせしてから寝る。
a0062288_2142511.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2010-11-14 21:02 | レースレポート
金曜の晩に入り、この日のスポーツ走行を走った仲間に搬入を手伝ってもらい、T村君の得意なじゃんじゃん焼きのお店で美味い生ビールと味噌肉キャベツ焼きうどん入りを食う(笑)
その後もピットで静かに談笑し、オールオート君も色々差し入れに来てくれる。
気付けば2時半…マジで気付かなかった。
ヤバイって(笑)
a0062288_22541714.jpg

土曜日は特別スポーツ走行。
少々寝不足だが、ここではボロタイヤで色々詰めていきます。
この日は師匠やちゃた君も居たのでアドバイスやセットに時間を費やし。
まぁまぁの感触で終了。
明日の新品タイヤでの走りが楽しみです。

家で寝たこの日はよく寝れて、当日は今までにも稀な体調の良さ。
続々と皆が集まってくれます。

さて予選。
体調良し、新品タイヤ。
自分の中でも楽しそうな期待は高まります。
自分より速いライダー&マシンばかりだし気にせず真ん中辺りから出る。
が、何故かタイミング悪く俺の前には俺より予選タイムの悪かった二人が。
コーナーではなんとか少々詰め、最終コーナー立ち上がりピッタリ着けるが、スリップ関係なくストレートでビューンと置いていかれる。
あからさま過ぎるパワー差に貧乏チューンの我がマシンは着いていけませ~ん(笑)
この繰り返しではマズい、と、ピットレーンをスルーしタイミングを外す。

さぁアタック!
あれ?
フロントが暴れる。
特に5コーナーとダンロップコーナー。
昨日と違うのは新品タイヤだけだが、ライダーの加重のかけ方があかんのか??
乗り方も変えてみるが、自分の思う速いスピードで入ると必ずその動きが…
ダンロップコーナーだからBSが嫌がってんのか???(爆)
いずれにせよFZRでは初めての挙動に戸惑う。そしてそんな事があるからレースって面白い。
新品タイヤなのに昨日のボロタイヤより悪い数字でまたほぼドベ(笑)

しかしこれ以上は無理、って事で予選を終了させ対策を考えるが俺には解らん(笑)
ひでちゃんに電話したり、大将がフロントをバラして組み直ししてくれたりでやれる事はキチンとやって決勝に備えます。

そして決勝。
相変わらず緊張感が無い、走り出す事にワクワク(笑)

スタートはまたまぁまぁで決まる。
がやはり前は抜けない。
オープニングラップくらいしか見せ場無いのにね~

攻めに入るが、フロントのチャタリングは解消されておらずで我慢の走りに。
乗り方で解消したいが何やってもペースを上げれば症状が出る。
もう仕方ない。だって恐いじゃん(爆)
攻めきれず辛い走りになるが。一応こんな俺でも絡む方が数人。
それはそれで楽しかったよ~。
チェッカー後後ろを確認してからジョージ君と握手。
しかし互いに握手したりしてた前のライダーが後ろ気にせず急に減速すものだから追突してた人もいました。
気をつけなきゃいかんね。
何事も無かったのでごめんなさい、後ろで見ててちょっと笑っちゃいました…

と、まぁまた情けない展開になり、また次回へのモチベーションが上がると言う、前向きな俺にはまた良い機会でした(笑)
まぁ実際勝ちや数字を狙ってるわけでは無いんだけどね。
一応良い数字が無いとせっかく来ていただいてる回りの方々もつまんないのかもしれないなぁとか色々考えたりもしました。
そうするとまたモチベーションが上がるんだけどね。

2日間いろんな方にサポートや応援に来ていただきました。
このブログを見てくれているという神戸の方にも写真を撮っていただきました。
つまらんライダーの俺に本当にありがとうございます。
またまた懲りずにチャレンジを続けていきます。

クリック→allspotrsさんに写真上がってました

23日に同じ仕様、セットで走って、師匠や皆に乗ってもらって確認事項をまとめて、来期に向けマシンを一新させますね。
ライダーは衰える一方だけど(笑)
a0062288_22334111.jpg

a0062288_22335591.jpg

[PR]
by kunchi-yan | 2010-09-11 22:37 | レースレポート
予定では仕事を休める日に休み練習。
ウィークは金曜日から入りいろいろこなすためにメニューを組み立てていた。

しかしこのところ急激に職場が転機を迎えており、帰りも遅く何もままならないままウィークを迎える。

もちろんマシンもなかなか触れず、人の手も借りようかとは思ったが、借りれる人は同じレースに参加している(笑)
師匠も出来る事はしてくれると、オールオート君も金曜日に試し乗りします、と言ってくれるが、木曜日夜中の時点でもまだ組み上がっておらず、自分の甘さに反省しながらも体調不良でダウン。
他にも多数の応援が!みんな優しい。
正直精神的にも参っているこの頃の中嬉しかったな。

翌日の仕事後なんとか組み上げ、残りはピットで作業する事に。
ヘロヘロだった(笑)

寝不足で早朝発ち、頭痛と胃痛。
もうおっさんです。それも俺の回りのおっさん(失礼すいません、笑)よりも俺は虚弱だわ鍛えは足らんわで。

到着後残りのメンテナンスをピットで独りこなし、さらにヘロヘロに。

ぶっつけ予選。
最後にフルコースを走った時はオールオート君とテキトーに走ってすぐに37秒フラットは出ていた。
自己ベストはさらに1秒マイナスを考えて体調不良でも38秒はいくだろうと思っていたが???(笑)

やはり身体のキレは全く無い(もちろんこのライダーの走りの部分が一番の不調原因)
その上に、フロントだけ換えた初めて使うタイヤに全く馴染まず(リアはズルズルの中古)
寝かし込み時にグリッとフロントから090には無かった旋回力が生まれるが、そのせいかフロントが重いような感覚と、リアが簡単に外へ流れるような感覚。
この恐さ(こんなこと感じたことなかったが)のせいで思い切ったスピードでの進入ができずラインもメチャクチャに。
いやこんな事は事実だとしても言い訳に過ぎず、ライダーが上手く使えたはず。
きちんと潔く言えば、ライダーの進入速度やコーナーリング速度が明らかに足らないからだ007.gif

なんとかセットでごまかしたいところだが時間も無いので最後師匠が引っ張ってくれてこのまま予選終了。

俺の結果予選最後列どべ2、笑えない快挙である037.gif

エスポイントの予選結果
師匠がさすがのトップ!
T村君2位
オールオート君もマシン不調で6位。
俺スタートしやすい最後列10番手。

さてもう上がるしかないって心意気です。
人間不調体調不良ですが皆と過ごす時間は楽しい♪
人間では対応し切れないだろうと言う判断でマシンセットを元に戻します。
こうして元に戻してると、いやー随分大幅に変えてしまってたものだ…(笑)
だしタイヤがさらにズルズルのしか無い(笑)
色々考えたが、今回結果はどうも望めそうも無いのでこのまま決勝は安全に楽しむ事に。

で、決勝です。
最後列はいつもよりさらに緊張しない。
1コーナーまでに一気に抜くしかない!って感じです。
しかーし!オールオート君エンジン掛からずでピットスタート…

そしていざスタート。
クラッチも調子良くやはりまぁまぁのスタートです。
1コーナーへなるだけブレーキ遅らせて~…って、
やはりクロスミッションでスタートが遅かった師匠が左からまくってきました!
まだ伏せてたような…(笑)
ここでちょっと俺さらにアクセルを戻してしまったの何故???
さらに遅れた(笑)

前には6台ほどか?
俺の直前は選手権も走っているMクラッシュO君。
3コーナー進入で左に並びにかかるがあとホイール一本分入れずに引き、
ここでブレーキを当てアクセルを戻し大きく失速008.gif
その後がヘロヘロに(笑)

オープニングラップなら前に出られる自信はあったが、走りや動きを見てると精神力で完璧に負けているようだ(俺の冷静過ぎもある…笑)
O君との間合いを計り頭の中で組み立てる。
スプーンで左から入る準備で行くが、O君かなりの早いイン着きで入る。
?何気にマズいんじゃない???で、少々間隔を広める。
やはりそのまま外へ飛び出すラインで俺の前を横切った!
一度FZRを立てて冷静にフロントブレーキで調整しクリア。
だが後ろでは俺の失速にたまらずブレーキングした友人たけちゃんが転倒してしまいました。
明らかなレーシングアクシデントとは言え、これにはやはり複雑な思いがあります。

そしてその後を淡々と走り、スーパーショボいタイムを残しチェッカー。
途中くっちーがトラブルだったのもあり順位も上がり5位に。
くっちーには頑張ってほしかったな~。

今回こうして俺は何とも言い難いショボいレースをしてしまいました。
仕事が大変になるのは想定内だったのに準備期間からの甘さ。
体調管理の甘さ。
ぶっつけ本番にせざるを得ない状況を作ったのもまさに俺自信。

今回は特に潔く反省です。
楽しく、そしてストレスも軽減するスポーツ。
そこでストレスがプラスマイナスゼロで帰ってきてはいけません。
あくまでも俺のスタンスですが。
次回は気持ち良くレースしたいね!

パドックでいつも売ってる写真屋さんが『今回いつものダイナミックな元気さが全く無かったけどどうかしたの?』とありがたい厳しいご意見。
カメラ目線ってのも凄い解るんだね。
身体のデカさだけのダイナミックさだと思うんだけど(笑)

参加の皆さんお疲れ様でした。
またいろいろ手伝ってくれた方々ありがとうございました。

皆様の活動や結果は個々のブログやmixi等にかいてあったので割愛させていただきました。
[PR]
by kunchi-yan | 2010-08-11 23:34 | レースレポート