ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

2ストでサーキット初走行


a0062288_23473731.jpg
友人ひろさんのご厚意でかなり造り込んである大切なマシンに乗らせていただいた。
今回3層ラジエターに換装や、フォークの内容等触ってきたとの事。

ウェット→ウェットパッチ→昼過ぎにはドライに。
ひろさんが久し振りに走り、水温や液体漏れ等のチェックも怠らない。
俺は最終枠のデカいの小さいの混走の2B2S枠で走行させてもらう。

シールドをクリアに換えたがすぐ真っ白に…見えん…
あかん、曇り止めフィルムとシールドの間がおかしくなったシールドだった…
(こないだの西ファンラン予選で真っ白なままイライラしながら走ったのに…物忘れが激しい今日この頃…)

すぐピットインしてスモークシールドに。

最初に断っとくけど、表現が下手なのと、不出来な自分のライディングやFZRと比べてなので誤解無く。

快調♪
S字区画切り返しはメチャ軽いしサスが余分な動きをしないし、させなくて良いので
開けた状態での切り返しも楽だ。
コンパクトなマシンなのにデカい俺でもポジションも申し分ない♪
ダンロップを駆け上がってく。
逆チェンジでシフターの効果もあり、またまた楽に走れる。
ブレーキは自分のFZRのほうがフィーリングは好きだが軽いせいかよく止まり気持ち良い。

が!
後で説明するけど、もちろんスピードを乗せれてないのもあるが、
低速コーナー(回転が合わない部分)の立ち上がりでモワーッとモタつく→回転落ちてる→どうアクセル合わせたら良いか分からないでギクシャク→完全にカブった状態→数秒してからパァーンと息を吹き返す。
これをMCシケインと最終シケイン、時々デグ2で繰り返し。
マジな失速に追突されないようきちんと上手くラインを外す。

そうこうしながらもコーナーリングマシンを感じながらFZRとの違いを勉強し走る。

単純に違うと思ったのは、ある程度マシンに動きを預ける部分、
そしてポジションや足回りの動きだと思った。
旋回時に楽なポジションってのもまた気持ち良い。
師匠からもいつもオーバーアクションだと注意されていたのだが、今日はそんなアクションでなくとも楽に走れたのはマシンの違いもあるが、ひろさんが手塩にかけたセットだからってのも大きいんだろうな。

結果、今回自分的には数字での意味は何も無いが、タイムは全く遅く45秒くらいしか走れてない。
が、まぁボコつき考えたら差し引きやはり良い感じだったと思う♪

しかし!走行後恐れていた事が!(笑)
ひろNSRには嘘発見機(データロガー)がついている(笑)
アクセル開度、スピード、回転数、デトネーションカウンター…
どう走ったか一目瞭然(汗)

俺走りとひろさん走りのグラフを重ねると…
何ともまぁ酷い状態の俺グラフ(笑)
4スト乗りだねぇ~って聞こえる(笑)
そんなヘナチョコの俺にスーパーアドバイザーYエンジニアリングのY井さんはインプレッションを求めてくる。
『す…すいません、あんまり分かりません…』
って言うか俺が言う事って理解に苦しむだろうし(笑)

しかし頑張って説明すると、濃いセッティングがイマイチ乗りにくい要因だったのであろうとフォローも忘れないYさんとひろさん。
ありがとうございます~(笑)

ラム圧有りだとこう開けたほうが良い等二人にもせんまい君にも教わりました。

今回は天候の事もあり、走るまで何時間もサーキットに居たのだが、
仙人がGPモノでサスセッティングに励んでおり、掛かりにくいこのマシンをピットインの度に何度押したか…
これが一番疲れたり(笑)

そんなこんなで収穫ありな日曜でした。

ひろさん、Yさんありがとう。
そして今日声かけていただいた皆様ありがとうございました。
[PR]
by kunchi-yan | 2009-06-21 23:47 | バイク&レース