ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

事故に遭遇

目の前を走っていたイプサム、どうも動きがおかしい。
歩道の縁石に当たりそうになるしウインカーは出たままだし。
『これは気を付けて車間距離を開けなきゃ』

1キロほど走ったところでなんと!信号待ちの4台の車にノーブレーキで突っ込んだ!
凄い音ともに列の真ん中あたりのノアが歩道に飛ばされる。
写真を一枚パチリ。
a0062288_8282148.jpg

俺どれだけ車間開けてたか分かるね。それと部品の落ちてるとこ思うと相当押してる。
「いや、そんなのん気な事言って写真なんか撮ってる場合じゃない!」
と気付き救助へ、軽トラックの女性が唸ってる、ドアも開かない。
仕事柄知っているがこういう場合燃える時があるので出してあげなければ。
事故車のドアの強引な開け方も分かっているので思いっきり開け、抱っこして歩道へ。

怪我人は他にも数名。救急車を呼ぶ。
泣く人はいるしさながら地獄絵図だ。
突っ込んだおばあさんは無事だが動揺してるのか「私の車はどうするの?」とか怒ったように俺に聞いてくる。
おまけに酒臭い…
「事の重大さ分かってるのか!?」と激を飛ばす俺。

救急車とレスキュー車到着が凄い早かった。
俺は目撃者としてしばらくいる事に。
もちろん警察にはありのままを話しておきました。反省してもらわなきゃね。
a0062288_8343668.jpg


しかし昔から不思議とこういう場面に出くわす事が多い。
峠で走っていた頃はしょっちゅうだったのは仕方ないかもしれないが、
ちょっと前に目の前で横断歩道を渡った老人の自転車にバイクが引っかかり、頭から血を流していて救急車を呼び目撃者として…
もっと前には自宅前で車を洗っていたら目の前でこれもまたご老人が車に跳ねられ…
すぐ救助できた事や命に関わらなかったのは不幸中の幸いだが…

自分が気を付けていてもこういう目に逢うかもしれない。
そう改めて考えさせられた出来事でした。
[PR]
by kunchi-yan | 2008-02-10 08:41 | 日常