ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

隣の子

自宅の外に寒いのに隣の子がじっとして暇そうに寒そうにしていた。
あの子はどうしたのか、と息子に聞いたところ、親がまだ帰っておらず、
登校時鍵を忘れた時は、時々あぁやって親の帰りを待ってるのだと言う。

ウチにおいでと言っても来ないと言うらしい。

俺は迷わず声を掛け、寒いからウチで待ちなさいと言うと、
恥ずかしそうにボソッと「いいです」

でも見てられない。
寒いのに…
もう一度声を掛けようと外に出ようと思ったら、自分から玄関に入ってきた。
昼間なんかは遊びにも来るらしいが、俺が怖かったのかな?
恥ずかしさや、子供なりに考えた遠慮やいろいろあったのだろうけど、
かわいそうに、寒さには負けたようだ。

俺はもうすぐ引っ越すけど、この子がまたこんな時は寒い中待っているのだろうかと思うと…
気になって仕方がないな。

ちなみに事情があり母親しか居ないのだが、子を守るため働いたり、厳しくしたりするのは結構だ。
あるいはそれがいい方向にも向く教育なのかも?
よく分からないが。
どうしても寒そうに待ってる姿を見てしまうと不憫で仕方ない。

俺が甘いんですかね。
[PR]
by kunchi-yan | 2007-02-28 21:52 | 日常