ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

触発されて

もみじちゃんに触発されて、感動した事の中から一つ。
a0062288_394036.jpg

以前ファンランでメチャ雨のレースがあって、ウエットなんて全然自信が無かったんだけど何故か予選で4位に。
もちろんこの時も師匠がブッチギリのポール。

寒さと雨で気持ちは沈み、いざスタート。
得意の下手クソスタートでかなり行かれました。

2コーナーを立ち上がるともう師匠はS字の進入!
「速いっ!」と思った瞬間飛ぶのが見えました。
師匠が転びました。
余裕で勝てるのに攻め過ぎ!(笑)
が、大丈夫そうです。

と走っているとシールドが曇りだし、全く見えなくなり、どこを走ってるかもちょっと分からないくらいでどんどん抜かれまくりました。
(後で考えたら頭が濡れたままヘルメット被ってた…)
この時実は寒さと怖さでかなり辛く、やめたいと思ってました。

ちょくちょくシールド開け閉めして、視界がクリアになり始め、規定でストリートタイヤなのでズルズル滑りますがなんだか前が遅いので抜きまくりました。
(見てた友人曰く「シールドのあたり触るあれは何のおまじないやねん」)

3コーナーで師匠が見ているので終始変に緊張しながらゴール。

帰ってきたら前に誰もいない…
ん?なんと1位じゃないですか!
全然気付かなかった(笑)

子供が「パパー!やったぁ!」って駆け寄ってきてまずジーンっと(鳥肌)
聞けば子供らは相当に盛り上がってたらしい。
レッカーで帰ってきた師匠が握手してきて「おめでとう!今回は負けたわ!」って
俺「いや転倒したからでしょ」師匠「転倒なんか関係ない勝ちは勝ちなんやで、それよりくんちゃんが勝ってくれてすごい嬉しかった、これで誰かに勝たれたら俺も辛かった」と。第二のジーン(超鳥肌チョイウルウル)

途中何度もやめたいとかペース落としたいとか思ったレース、諦めずに良かった。
このレースで学んだものは大きかったです。
そして子供にも諦めない事は大事だと教える事が出来ました。
感動しました。

こうして初表彰台を優勝で飾る事が出来ましたが優勝は二度とないかもね。
a0062288_11201488.jpg

フォトby千枚通師君
[PR]
by kunchi-yan | 2006-01-14 01:02 | バイク&レース