ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

少し安心

昔からお世話になっている先生に診てもらいました。
(21才の時足が切断を危ぶまれた時から)

肋骨の骨折と手首のじん帯損傷と各部強打撲で済みました。
他そこら中痛いところは骨には異常ないようでした。

先生曰く、自分で痛みと相談して、やれるのであればレースは問題無い
との事でした。
またか!と言われましたが…
(この病院では半年の入院後も肋骨は2回ウチ一回は6本バキバキ、手首は2回)
この先生はレースをちゃんとしたスポーツとして認めています。

という事で、NGK杯耐久は出る方向で考えています。
もちろん痛ければ無理はしません。

回りのみんなも多大な理解をしてくれています。
そして協力や心配をしてもらいました。
聞きつけ電話やメールも沢山きました。
ほんとうに心からありがとうございます。

それと、これから走る時は、何日か前から気持ちを切り換えていきます。

しかしまだかなり痛いんですが。
[PR]
by kunchi-yan | 2005-11-24 22:28 | バイク&レース