ブログトップ

くんちゃんのどこまでやるの?

kundoko.exblog.jp

ネオスタ参戦!

FUN&RUN!2-Wheels Full Course Special

予定では仕事を休める日に休み練習。
ウィークは金曜日から入りいろいろこなすためにメニューを組み立てていた。

しかしこのところ急激に職場が転機を迎えており、帰りも遅く何もままならないままウィークを迎える。

もちろんマシンもなかなか触れず、人の手も借りようかとは思ったが、借りれる人は同じレースに参加している(笑)
師匠も出来る事はしてくれると、オールオート君も金曜日に試し乗りします、と言ってくれるが、木曜日夜中の時点でもまだ組み上がっておらず、自分の甘さに反省しながらも体調不良でダウン。
他にも多数の応援が!みんな優しい。
正直精神的にも参っているこの頃の中嬉しかったな。

翌日の仕事後なんとか組み上げ、残りはピットで作業する事に。
ヘロヘロだった(笑)

寝不足で早朝発ち、頭痛と胃痛。
もうおっさんです。それも俺の回りのおっさん(失礼すいません、笑)よりも俺は虚弱だわ鍛えは足らんわで。

到着後残りのメンテナンスをピットで独りこなし、さらにヘロヘロに。

ぶっつけ予選。
最後にフルコースを走った時はオールオート君とテキトーに走ってすぐに37秒フラットは出ていた。
自己ベストはさらに1秒マイナスを考えて体調不良でも38秒はいくだろうと思っていたが???(笑)

やはり身体のキレは全く無い(もちろんこのライダーの走りの部分が一番の不調原因)
その上に、フロントだけ換えた初めて使うタイヤに全く馴染まず(リアはズルズルの中古)
寝かし込み時にグリッとフロントから090には無かった旋回力が生まれるが、そのせいかフロントが重いような感覚と、リアが簡単に外へ流れるような感覚。
この恐さ(こんなこと感じたことなかったが)のせいで思い切ったスピードでの進入ができずラインもメチャクチャに。
いやこんな事は事実だとしても言い訳に過ぎず、ライダーが上手く使えたはず。
きちんと潔く言えば、ライダーの進入速度やコーナーリング速度が明らかに足らないからだ007.gif

なんとかセットでごまかしたいところだが時間も無いので最後師匠が引っ張ってくれてこのまま予選終了。

俺の結果予選最後列どべ2、笑えない快挙である037.gif

エスポイントの予選結果
師匠がさすがのトップ!
T村君2位
オールオート君もマシン不調で6位。
俺スタートしやすい最後列10番手。

さてもう上がるしかないって心意気です。
人間不調体調不良ですが皆と過ごす時間は楽しい♪
人間では対応し切れないだろうと言う判断でマシンセットを元に戻します。
こうして元に戻してると、いやー随分大幅に変えてしまってたものだ…(笑)
だしタイヤがさらにズルズルのしか無い(笑)
色々考えたが、今回結果はどうも望めそうも無いのでこのまま決勝は安全に楽しむ事に。

で、決勝です。
最後列はいつもよりさらに緊張しない。
1コーナーまでに一気に抜くしかない!って感じです。
しかーし!オールオート君エンジン掛からずでピットスタート…

そしていざスタート。
クラッチも調子良くやはりまぁまぁのスタートです。
1コーナーへなるだけブレーキ遅らせて~…って、
やはりクロスミッションでスタートが遅かった師匠が左からまくってきました!
まだ伏せてたような…(笑)
ここでちょっと俺さらにアクセルを戻してしまったの何故???
さらに遅れた(笑)

前には6台ほどか?
俺の直前は選手権も走っているMクラッシュO君。
3コーナー進入で左に並びにかかるがあとホイール一本分入れずに引き、
ここでブレーキを当てアクセルを戻し大きく失速008.gif
その後がヘロヘロに(笑)

オープニングラップなら前に出られる自信はあったが、走りや動きを見てると精神力で完璧に負けているようだ(俺の冷静過ぎもある…笑)
O君との間合いを計り頭の中で組み立てる。
スプーンで左から入る準備で行くが、O君かなりの早いイン着きで入る。
?何気にマズいんじゃない???で、少々間隔を広める。
やはりそのまま外へ飛び出すラインで俺の前を横切った!
一度FZRを立てて冷静にフロントブレーキで調整しクリア。
だが後ろでは俺の失速にたまらずブレーキングした友人たけちゃんが転倒してしまいました。
明らかなレーシングアクシデントとは言え、これにはやはり複雑な思いがあります。

そしてその後を淡々と走り、スーパーショボいタイムを残しチェッカー。
途中くっちーがトラブルだったのもあり順位も上がり5位に。
くっちーには頑張ってほしかったな~。

今回こうして俺は何とも言い難いショボいレースをしてしまいました。
仕事が大変になるのは想定内だったのに準備期間からの甘さ。
体調管理の甘さ。
ぶっつけ本番にせざるを得ない状況を作ったのもまさに俺自信。

今回は特に潔く反省です。
楽しく、そしてストレスも軽減するスポーツ。
そこでストレスがプラスマイナスゼロで帰ってきてはいけません。
あくまでも俺のスタンスですが。
次回は気持ち良くレースしたいね!

パドックでいつも売ってる写真屋さんが『今回いつものダイナミックな元気さが全く無かったけどどうかしたの?』とありがたい厳しいご意見。
カメラ目線ってのも凄い解るんだね。
身体のデカさだけのダイナミックさだと思うんだけど(笑)

参加の皆さんお疲れ様でした。
またいろいろ手伝ってくれた方々ありがとうございました。

皆様の活動や結果は個々のブログやmixi等にかいてあったので割愛させていただきました。
[PR]
by kunchi-yan | 2010-08-11 23:34 | レースレポート